安心して暮らそう

ウィーン@オーストリア – 子どもが病気に!お医者さんに診てもらう手順、方法、緊急の場合などについて

pediatrics-in-austria
\ よかったらシェアしてください!/

駐在先がウィーン(オーストリア)に決まり、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて、いざウィーン(オーストリア)へという方、あるいは、ウィーン(オーストリア)滞在中に赤ちゃんが生まれたという方、たくさんいらっしゃることと思います。

私の周りにも赤ちゃん&小さなお子さんがあふれていますが(笑)、勝手のわからない土地で何より心配なのは、子供が病気になった時、ちゃんとした医療が受けられるのか、すぐに診てもらえ、治療してもらえる医療システムが整っているのか、ですよね。

オーストリアの医療システムは、日本のものとは大きく異なっているため、最初はちょっと戸惑います。
こんなシステムで成り立つのか、手遅れになってしまわないのかなど心配になりますが、いえいえ、大丈夫です!

このシステムのために大変なことになった…などの話はもちろん聞きませんし、慣れると却って効率的で便利に思えてきたりもします。

今日は、小さなお子さんをお持ちのママさん・パパさんのために、ウィーン(オーストリア)で子供が病気になった場合の対応について、順を追って説明していきたいと思います。

なお、本記事を読まれるにあたって、オーストリアの基本的な医療システムについて事前に理解しておくと、内容がわかりやすくなるかと思います。
オーストリアの基本的な医療システムについては、下の関連記事を参考にしてみてください。

まず、小児科医を探しましょう

まず、ご自宅に近い場所だと便利かと思いますが、お子さんのかかりつけとなる小児科医を探しましょう。

医師の探し方については、上にも書きました関連記事<オーストリアは医療費が無料です ー オーストリアの基本的な医療システム と 医師の探し方>内に詳細に説明してありますので、参考にしてみてください。

子供が高熱を出したので、やおら検索サイトを開いて…とやっていると、良い医師が見つからない場合とても焦りますので、事前に目星を付けておくのがよいですね。

お子さんがまだ乳幼児、幼稚園入園前など小さい場合は、予防接種や定期健診など、病気に限らずお世話になる機会が多々ありますので、“子供が高熱を出しているので、まず、検索サイトを開いて…”とはならないでしょうが、お子さんがある程度大きくなってくると、お医者さんにかかる機会というのも格段に少なくなりますからねぇ。

そのため、“熱を出してから、やおら近所の小児科医探し”ということにもなりかねませんが、私の周りの人だと、お子さんが小学校に入学した辺りから、あるいはもうちょっと小さくても、いわゆる“一般医”に連れて行っている、という人も結構います。

上に何度も書いています 関連記事 内でもご説明している“一般医”ですね。
とりあえず、どんな症状であっても最初にお世話になる、予約の必要がない“一般医”、日本で言う“家庭医”のような存在ですが、その普通の“家庭医”に、もう5-6歳から通わせてしまう、という訳です。

数の多い一般医は、小児科より近く、行きやすい場合が多いというのもありますし、何より予約の必要がなく、気軽に行けるというラクさがあります。

そう、小児科にかかるために、何より面倒くさいというか、システムがよくわからず戸惑うのは、この“予約”なんですよね。

“今熱出して苦しそうなのに、予約って何!?意味わからない!”という感じです。

ただ、このシステムも、慣れると理にかなっているというか、ほぼ何も不自由を感じることなく利用できています。
下に、”子供が熱を出した”というシチュエーションを例に、どのような手順でお医者さんに診てもらうのか、書いてみたいと思います。

小児科医 あるいは 救急外来、どちらを受診する?

下の例は、生後3ヶ月以上経った乳幼児の場合として書いています。
一般的に、生後3カ月未満で、38℃以上の発熱があったときはすぐに病院へ、と言われていますし、ここでは“病気に対する対処法”ではなく、“医療システムの利用方法”について書いていますので、小児科医(町の診療所、といった感じですね)の受診で済みそうか、あるいは総合病院の救急外来を受診すべきかは、ママさん・パパさんが注意深く様子を見られて、適切にご判断くださいね。

ケース 1: 小児科医を受診する

① 子供が発熱。39度以上など、ずいぶん高熱になってきて苦しそう。

② 様子見。高熱は夜中に出る場合が多いですので、例えば朝まで様子見。

③ 朝になっても熱が下がらず、変わらず苦しそうな場合は、8時前ぐらいの早朝、とにかくできるだけ早く小児科に予約。
予約は電話のみ、となっている場合は、開院時間になったらすぐに電話を入れてみてください。

予約方法はお医者さんそれぞれで異なりますので、確実な予約方法を事前に聞いておくといいですね。

私の場合は、早朝(あるいは、開院時間前)までにメール予約を入れれば、その日のうちに診てくれるお医者さんが多かったですが、仮に断られた場合は他の小児科を探す。

ただし、関連記事 でご説明しています“四半期(3ヶ月)ルール”がありますので、ルールで決められている3ヶ月の間に、他の小児科医を受診したことがあるという場合は、新たに別の小児科を受診することができません。

④ 小児科の予約がいっぱいなため、翌日(予約日)まで待つ(=待つ余裕がある)。
あるいは、やはり今日中の診察が必要と思われるが、別の小児科を受診することができないため(“四半期<3ヶ月>ルール”のため)、“四半期<3ヶ月>ルール”が適用されない他の小児科医を探す(下の「平日、かかりつけの小児科医が診療時間外の場合は?<ウィーンの場合>」をご参照ください)。

ケース 2: 救急外来を受診する

① 子供が発熱。39度以上など、ずいぶん高熱になってきて苦しそう。

  • 生後3カ月未満で、38℃以上の発熱がある。
  • 38℃以上の高い熱が出て、頭が痛いとか、吐くなどの症状がある。
  • 意識がもうろうとしている。
  • 苦しそうに呼吸をしている。
  • ひきつけを起こしている。

など、明らかに症状が重い場合は、週末・夜間を問わず、すぐに小児科救急外来(Kinderambulanz)を受診します。

つまり、“確かに高熱だけれども、救急外来を訪ねるほどではない”と思われる場合は近所の“小児科”へ。
小児科の予約を待っている余裕はない、緊急の処置が必要と思われる場合は、すぐに“総合病院の救急外来へ”ということになりますね。

実際、小児科でも、「予約を待てないほど重篤と思われる場合は、すぐに直接、救急外来を受診してください」と言われますし、小児科の診察で大丈夫な場合と、救急外来での処置が必要なほど緊急の場合とでしっかりと住み分けがなされているというのが、オーストリアの医療システムの大きな特徴です。

平日、かかりつけの小児科医が診療時間外の場合は?<ウィーンの場合>

参考サイト: Ihr Kind ist krank? Hier finden Sie Hilfe!

月曜から金曜までの平日でも、かかりつけの小児科医が診療時間外のため診てもらえない、ということがありますよね。上の<ケース 1: 小児科医を受診する>でも触れましたが、その日の予約を取り損ねて明日まで診てもらえない、ということも起こり得ます。オーストリアの公的保険には“四半期(3ヶ月)ルール”のしばりがありますので、簡単に他の小児科医に診てもらう、という訳にもいきません。

翌日なり、小児科医が開くまで待てればいいんですが、「高熱に発疹、お医者さんにすぐ診てもらいたいが、救急外来を受診するほど重症には見えない。」なんていう場合は困りますね。

そんな場合は、21区にある公立総合病院Gesundheitszentrums Wien-Nord <WGKK> Gesundheitszentrum Floridsdorf – Österreichische Gesundheitskasse ÖGK 』で診てもらえるそうです。

(※2020年に、病院名が変更されました。)

Gesundheitszentrums Wien-Nord <WGKK>
Gesundheitszentrum Floridsdorf – Österreichische Gesundheitskasse ÖGK

Karl-Aschenbrenner-Gasse 3 (Erdgeschoß – 日本でいう1階), 1210 Wien
Tel: +43 1 601 22-40224
Kinder Ambulanz – Mein Gesundheitszentrum Floridsdorf

予約受付は7時から可能。
月曜~木曜: 7:00 ~ 14:00 (予約を入れず出向く場合は、11:00まで受け入れ可)、
金曜: 7:00 ~ 12:30 (予約を入れずに出向く場合、10:00 まで受け入れ可)

緊急の場合に限り、事前に電話連絡を入れるという条件で、11:00以降(金曜の場合は10:00以降)でも受け付けてくれるそうです。

休暇などの理由で診療科自体がお休み、という日もありますので、当日が診療日かどうか、上記リンク先で事前にお確かめくださいね。

また、もう一つ、以下の病院でも診察してもらうことが可能だそうですが(事前に予約を入れる必要あり)、こちらは総合病院ではないので、“症状が重篤で、緊急の治療を要する”というような場合には不向きなようです。
レビューを読むと、「混雑していて、電話がまったくつながらない!」なんていう怒りの投稿が多いですので(これについては病院のウェブサイトにも注意書きがあり、メールでのコンタクトが推奨されています)、“混むのは承知で…”という場合に、選択肢の一つとして覚えておかれるとよいかもしれません。

いずれにしても、こういった救急外来的な要素のある診療所は、混雑していることがほとんどだと思って、覚悟しておいた方がいいですね。

Kindermedizinisches Zentrum – KIZ Augarten
Obere Augartenstraße 58, 1020 Wien
Tel: +43 1 216 09 19
Email: office[at]kizaugarten.at
Kindermedizinisches Zentrum – KIZ Augarten

月曜・金曜: 09:00~13:00 および 14:00~18:00
火曜・水曜・木曜: 09:00~13:00 および 14:00~18:00

週末は、
土曜・日曜: 09:00~13:00
祝日: 09:00~13:00

※2020年10月にウェブサイトを確認したところ、土日祝はお休みとなっていました。
この病院に限ったことではないですが、病院の診療時間は本当にころころ変わりますので、病院を利用する場合はその都度ウェブサイトで確認してみてください!

週末・祝日に診察してもらいたい場合は?<ウィーンの場合>

小児科医で診てもらう

週末・祝日にお医者さんに診てもらいたい、という場合、ウィーンでは2019年1月5日より新しいサービスが始まっています。

ウィーン市内の3つの小児科医(季節によって、2つになったり4つになったりしますが)が、週末・祝日も診療を受け付けてくれるというサービスで、診療時間は 10:00~15:00 となっていますが、平日と同じように子供の診察をしてくれます。

当日対応している小児科医は、こちらの ウィーン医師会のリスト<Wochenend- und Feiertagsdienste Kinderordinationen – Ärztekammer für Wien – 2020年12月分まで>で確認できます。

子供がインフルエンザでひどく辛そうにしているが、救急外来を訪ねるほど重症では…というような場合、とても心強いサービスですね。
事前予約が必要かどうかについては、それぞれの小児科にご確認ください。

また、上の「平日、かかりつけの小児科医が診療時間外の場合は?」にも載せましたが、下記の病院も、週末・祝日に対応してくれるそうです。上記の小児科医と同様、“症状が重篤で、緊急の治療を要する”という場合には不向きですので、緊急性のある場合は、総合病院内の小児科救急外来(下の項目で書きます)、あるいは救急車(Tel: 144)に連絡をしましょう。

Kindermedizinisches Zentrum – KIZ Augarten
Obere Augartenstraße 58, 1020 Wien
Tel: +43 1 216 09 19
Email: office[at]kizaugarten.at
Kindermedizinisches Zentrum – KIZ Augarten

月曜・金曜: 09:00~13:00 および 14:00~18:00
火曜・水曜・木曜: 09:00~13:00 および 14:00~18:00
水曜: 09:00~13:00 および 14:00~20:00

週末は、
土曜・日曜: 09:00~13:00
祝日: 09:00~13:00

※2020年10月にウェブサイトを確認したところ、土日祝はお休みとなってしまっていました。
ウェブ上には8月までの診療時間しか載っておらず、なんだか情報がちゃんと更新されていない印象ですが、病院を利用される際は、その都度電話 or メールなりで診療時間を確認してみてください。

救急外来に出向く

水下痢が長く続く、何度も嘔吐を繰り返す、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という息苦しさや呼吸困難を伴うような高熱の場合など、明らかに緊急の治療が必要と思われるケースがあるかと思います。その場合はすぐに、総合病院の小児科救急外来を受診しましょう。

(もちろん、救急の度合いによっては、救急車<Tel: 144>への連絡も検討してください。)

「KinderNotDienstes – KiND(子供緊急医療サービス)」という特別な名称を付けて、毎週末・祝日に対応している小児科の救急外来があります。以下の2総合病院で、診療時間は 10:00 ~ 18:00『AKH』Kaiser-Franz-Josef Spital Klinik Favoriten』(※2020年に病院名が変更されました)も、オーストリアでトップ規模の公立総合病院ですね。
病院へ向かう前に、KinderNotDienstes – KiND(子供緊急医療サービス)を受診できるかどうか、確認を取ってくださいね。

参考サイト:
Ärztekammer für Wien – Kinderärztlicher Wochenendnotdienst
Wiener Krankenanstaltenverbund

Allgemeines Krankenhaus(AKH)
Währinger Gürtel, 1090 Wien
土曜・日曜・祝日: 10:00~18:00
Tel: +43 1 790 11

Sozialmedizinisches Zentrum Süd – Kaiser-Franz-Josef Spital
Klinik Favoriten

Kundratstraße 3, 1100 Wien
土曜・日曜・祝日: 10:00~18:00
Tel: +43 1 601 910

Ärztefunkdienst (141) に電話する

この、Ärztefunkdienst(エルツテ フンクディーンスト)というのは、知る人ぞ知る、とても便利なサービスです。

Ärztefunkdienst

一般的な診療所が閉まっている曜日・時間帯に電話をかけると、適切な治療方法をアドバイスしてくれたり、必要に応じて自宅まで往診に来てくれたりします。オーストリアの公的保険に加入していれば、治療代・往診代もすべて無料。1歳未満の赤ちゃんには利用できませんが、子供に限ったサービスではなく、大人も利用できます。大人でも週末にインフルエンザになって、相当マズい感じ、動ける気がしない、なんて時に心強いサービスです。

対応時間は、19:00 ~ 7:00 までのいわゆる夜間。
週末は金曜 19:00 ~ 月曜 7:00。祝日は24時間対応
してもらえます。

ドイツ語が必要だと思われるのと、1歳未満は利用不可というネックはありますが、覚えておくといざという時に安心なサービスですね。

1歳未満の赤ちゃん、1歳以上であっても、下痢・嘔吐・呼吸困難・意識障害・やけど・事故など、重篤な症状がある場合は、この 141 に電話をかけるのではなく、速やかに小児救急外来を受診、あるいは救急車(Tel: 144)を呼びましょう。

治療に急を要すると思われる場合は?<ウィーンの場合>

すぐに小児科救急外来(Kinderambulanz)を受診しましょう。
以下は、夜間・休日も受け付けてくれる小児科の総合病院ですが、どの病院も24時間対応という訳ではありません。
その都度、診療時間内かどうか、リンク先でご確認ください。
夜間・休日の総合病院は患者さんで大変混み合っており、重症と判断されない限り、ずいぶん長時間待たされたりします。重症と思われる場合は、迷わず救急車(Tel: 144)に連絡をしましょう。

参考サイト:
Kinderambulanzen in Wien

Krankenanstalt Rudolfstiftung
Klinik Landstraße
(※2020年に病院名変更)
Allgemeine Ambulanz für Kinder und Jugendliche
1030 Wien, Juchgasse 25
※上は本館の住所です。小児科の入口は、脇に入った Boerhaavegasse 13, 1030 Wien です。
Tel: +43 1 711 65-2611

※24時間対応ではありません!
診療時間は、月曜~金曜: 8:00-15:00(患者さんの受け入れは 14:00 まで)
週末・祝日は閉まっています。また、1ヶ月の夏休みなんていうお休みもありますので、ウェブサイトは要チェックです!

St.-Anna-Kinderspital
Notfallambulanz
1090 Wien, Kinderspitalgasse 6
Tel: +43 1 401 70-2100(つながらない場合は、センターの番号< +43 1 40170-0>へ)

※小児総合病院として、ウィーンで大変有名な病院です。
私の周りにも、緊急の場合にここを訪ねた、という人が結構います。
ウェブサイトに「緊急時は24時間対応」と明記されていますので、覚えておくと安心な救急外来です。
下記『Allgemeines Krankenhaus AKH』とは位置的にも近く、外科的治療が必要と判断された場合(いわゆる外傷ですね)は、『St.-Anna-Kinderspital』から『AKH』へ移送されるそうです。

Allgemeines Krankenhaus AKH
Universitätsklinik für Kinder- und Jugendheilkunde
24-Stunden-Notfallambulanz
1090 Wien, Währinger Gürtel 18-20
Tel:  +43 1 40400 – 32290

※オーストリア最大規模の総合病院。ヨーロッパでも5本の指に入る大規模病院です。こちらも24時間対応

Sozialmedizinisches Zentrum Süd – Kaiser-Franz-Josef Spital mit Gottfried von Preyer’sches Kinderspital
Klinik Favoriten
(※2020年に病院名変更)
Ambulanzen der Kinder und Jugendabteilung 00:00 – 24:00 Uhr
Mutter-Kind und OP-Zentrum
1100 Wien, Kundratstraße 3
Tel: +43 1 601 91 – 2850

※小児科専門として、こちらも大変有名です。
元々、10区の別の場所(Schrankenberggasse)にあった小児病院ですが、2016年に Kaiser-Franz-Josef Spital Klinik Favoriten(総合病院)の敷地内に移転しています。こちらも24時間対応

Wilhelminenspital
Klinik Ottakring

Kindernotfallambulanz
1160 Wien, Flötzersteig 4
Tel: +43 1 49150-2810

※外科(いわゆる外傷ですね)、歯科、眼科系は他病院へ移送されます。24時間対応

Krankenhaus Nord
Klinik Floridsdorf
(※2020年に病院名変更)
Notfallambulanz für Kinder- und Jugendheilkunde
1210 Wien, Brünner Straße 68
Tel: +43 1 27700 2660

24時間対応

Donauspital – Sozialmedizinisches Zentrum Ost
Klinik Donaustadt
(※2020年に病院名変更)
Ambulanz für Kinder- und Jugendheilkunde
1220 Wien, Langobardenstraße 122
+43 1 288 02 – 4350 または 4351

24時間対応

無料の健康相談ホットライン 1450

Wenn’s weh tut! – 1450 ※ウィーン市版
Wenn’s weh tut! – 1450 ※オーストリア版

子供の具合がひどく悪そうだが、今何ができるのか、どこを訪ねたらいいのかわからない!という場合などに、とても便利なサービスです。

私もまだ利用したことがないんですが、2019年から本格的な導入が始まった新しいサービスで、「24時間365日、電話をすれば、現在患っている症状への適切な処置方法のアドバイス、今すぐに行ける近場の診療所・病院・薬局(診療時間 or 営業時間なども考慮に入れながら!)などの紹介をしてくれて、必要な場合は、救急サービスとも連携して連絡を取ってくれたりする」と言った、そんなサービスだそうです。

本当に切羽詰まった緊急という場合は、やはり救急車(Tel: 144)を呼ぶのが先決かと思いますが、若干余裕がありそうで、なおかつドイツ語でも問題がないという場合は、覚えておくと心強いサービスですね。

子供に限ったサービスではなく、大人でも使えます。
1450のウェブサイトには、“こんな場合は電話してね”の例として、「子供がハチに刺されたようで、ひどく腫れている」「1時間ほど前からお腹がゴロゴロ…、痛みが激しさを増してマズい感じ」「頭が割れそうにガンガンする」「運動後、背中がズキズキと激しく痛み出した」「突然の寒気と関節の痛み、気分がどんどん悪くなる」などなどが載っていますね。

こんな至れり尽くせりなサービスですが、無料で利用できます。

2019年9月現在、サービスが開始されているのは、Wien州、Niederösterreich州、Oberösterreich州、 Steiermark州、Vorarlberg州で、それ以外のBurgenland州、Salzburg州、Kärnten州、Tirol州でも2019年以内を目途に、順次サービスが開始される予定だそうです。

おわりに

“子供が病気になった場合”を想定して、私が知っている範囲の、調べた限りの情報を書いてみました。

パパさん・ママさんにとって大事な情報だと思いますので、もし誤り・ミス・古くなった情報などを見つけられた方は、ご連絡 をいただければ嬉しいです。

小児科に予約を入れる際の注意点として、子供に発疹が出ている場合は予約の時点で知らせておく、というのが大事ですね。
発疹が出ている場合、感染力の強い病気の場合が多いということで、一般の入口とは別の入口・待合室が用意されていることが多いです。
そのため、「発疹の際には必ず事前に伝えてください、別の入口から入ってください」とよく言われます。
逆に言えば、こういった感染力の強い患者と一般患者とで分けられている診療所・病院は、それだけよく配慮されていて、信頼ができるとも言えるかと思います。

情報はできるだけ間違いがないよう細心の注意を払って書いていますが、医療の専門家ではありませんため、情報の不足・誤りなどがあるかもしれません。当サイトの情報を利用されたことによる、いかなる問題・損失・損害についても責任を負いかねますので、どうぞご了承ください。“参考までに”というスタンスでお読みいただき、ご利用は自己責任でお願いいたします。

記事内には、主に参考にしたサイトのリンクも貼っておきましたので、ご利用される前に最新情報をご確認くださいね。

 

\ よかったらシェアしてください!/

スメミヤのフォーラム(掲示板)に参加しよう!

ウィーン & オーストリアに暮らす、 訪ねる、 旅する、 ご興味のある方のための 情報交換・交流掲示板にぜひご参加ください! Google、 LINE、 Twitter、 Facebook のアカウントでもログインしていただけます。

在住日本人的オススメカフェ、穴場的観光スポットは?/売ります!買います!/〇〇はどこで買えるの?/XXでトラブりました!解決方法を教えて!/同志の方、お友達になりませんか?/イベント情報を紹介します!/ピアノを教えます!

などなど、商用・私用を問わず 皆さまに無料でご利用いただけます。

詳細は ヘルプ でご確認ください。 皆さまのご参加をお待ちしています!

シェアする!

名古屋市出身、ウィーン在住。未就学児を子育て中です。
明確な人生計画を持って…というよりは、流れのままになんとかなる的な人生を送っていましたが、とにかく人に恵まれ、大学研究室 → 文化交流機構 → 大手日系企業という流れできまして、現在 会社勤めの方は育児休暇中です。
オーストリアと出会わずに生きている自分が想像できないほど、オーストリアに深い思い入れがある人間です。→ 少しだけ長めのプロフィール